ご当地佃煮グルメを楽しむ

ご当地のご飯のお供や各地域の名産・特産と呼ばれるご飯のお供などもありますよね。

先ずは「佃煮」。
これは東京が発祥などとも言われています。
特に海苔の佃煮は有名ですよね。
塩分の強いものから甘みのあるもの、更には昆布やゴマなどと合わせているものなど様々な種類があります。
ご飯に乗せるだけでしっかりと味も染み渡り更に白いご飯が美味しく感じることでしょう。

また、佃煮も各地域において様々なものがあります。
例えば関西圏などの地域では「うなぎ」を佃煮にするということもあるようです。
うなぎというと、あの甘いタレを想像される方もいらっしゃると思いますが、佃煮に置いては塩分の強いものが多いようです。
ほんの少しの量でご飯がすすむのが特徴の味付けとなっています。

最近では、神奈川などの「ホルモン・豚肉」なども人気。
B級グルメとして有名になったのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
焼けば直ぐに食べられるというものなどは手軽ですし、真空パックとして売られているものも多いので、お土産としても最適です。

山形県のだしなども日持ちがする状態で売られているものもありますので、お土産として利用をすることもできるでしょう。

シンプルにという方は、宮城県の笹かまなども有名。
わさび醤油・しょうが醤油が食欲をそそります。