逆転する一番好きなご飯のお供を選んでみる

嫌いな人は先ずいないだろうという白いご飯。
中には「それさえあれば良い」なんていう方もいらっしゃるでしょう。

白いご飯の「お供」というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。
こちらに置いても様々なものがありますよね。

お子様などは、白いご飯のお供と言うよりもしっかりとしたおかずを好みますよね。
どちらかと言うと、白いご飯がお供のような役回りをします。
しかしこの嗜好も、年齢を重ねるにつれて逆転するようです。

ご飯に合うものは何が1番かなんていうテレビ番組もありますが、個々で楽しむのであれば「自分が好きなものが1番」とも言えるでしょう。
味覚的なことを言えば、塩分や酸味が強いものが合うとも言われています。
もちろん、その限りではありませんが明太子やお漬物などどちらかというと「しょっぱい」と感じるものが多いですよね。
これとは逆に、甘いものを好むという方もいらっしゃるでしょう。
味噌類などにおいても、甘みが強いものをご飯に乗せて・・・なんていうのもまた美味しいものです。

世界に置いても白いご飯は注目を浴びています。
健康的ですし、比較的に多くの食材と合うとも言われているのがその理由です。
ですから、和テイストのものばかりでなく洋風のものを合わせて見るというのも新しい感覚でまた楽しめるかも知れません。

更には、ご当地の「ご飯のお供」と呼ばれるものもあります。
山形県の「だし」などは多くの方がご存知かと思います。
そのまま食べても美味しいですしご飯と一緒に食べてもまた美味。
特に夏場の暑い時期などは食欲が減退しますので、ご飯とあわせることで食欲が沸いて来るという事もあるでしょう。
このようなご当地グルメと呼ばれるものを試してみるのもおすすめです。

瓶詰め類などでしたら、長期保存も可能ですし(開封したらお早めに召し上がってください)「おかずが無い」などという時にも便利。
もちろん、白いご飯がより一層美味しくなるかと思います。

白いご飯は毎日召し上がる方が多いので、それに合う・好きな一品というものを見つけてみてください。
お酒を飲んだ後のラーメン・・・ではなく白いご飯であれば比較をするとヘルシーですしお供があれば他の料理が不必要かと思いますので手軽に食べていただくことも出来るでしょう。

必ずと言っても良いくらいに各ご家庭に常備しているお米。
そんな身近なものだからこそ、様々なお供を取り入れて美味しい食卓にしてみてはいかがでしょうか。

初めてひとり暮らしをする大学生のためのお金のかけどころ・節約どころ

大学入学を控え、実家を出てアパート住まいをスタートする方も居ることでしょう。初月は、家賃や引越代で数十万円が一気に無くなりますので、今後のお財布事情に早くも不安を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。お金のかけどころを絞って、素敵なひとり暮らし生活をスタートさせて下さい。

インテリア・家電は節約どころ

ベッド・ソファ・テーブル・・・と実家で使っている物をひとり暮らしのアパートに用意しようとすると、すぐにスペースが埋まってしまいます。また、無くても問題ないという声も多数です。インテリアは始めから揃えすぎず、落ち着いてから買い足すつもりでいましょう。

家電も、同じような心づもりが良いでしょう。ひとり暮らし向けのアパートは収納や作業スペースが狭くなっていますから、持っていても置き場所がないということもあります。調理であればレンジと電気ケトルでほぼ全てまかなえますし、掃除はスティック型クリーナー1台でOKです。冷蔵庫や洗濯機も、最低限のスペックで充分と覚えておきましょう。

食材・パソコンはお金のかけどころ

限られた予算の中で楽しく充実した生活を送るために、食材はキーポイントです。ひとり暮らしになると食生活が乱れやすくなり、体調を崩し生活リズムが変わってしまうきっかけになってしまいます。レシピ検索サイトなどを上手に活用し、1週間のうち何日かは自炊しましょう。

もし料理に自信がなければ、白米とみそ汁からスタートでも充分です。スーパーで白ご飯に合うものをプラスして買ってくれば、栄養バランスも整います。無理なくできる範囲で続けるのがコツです。

パソコンは、課題をこなすための必需品です。入っているOS、ソフト、アプリケーション、キーボードの配置に至るまで、しっかりと吟味することをオススメします。通話・メール・FAX・テレビ・ラジオなど多くのツールを兼ねることもできますので、どの様な使い方をするかイメージしながら選んで下さい。

普段使いや友人とのコミュニケーションだけでなく、災害時には情報収集をする手段としてもパソコンは重要です。使いやすさ、容量などを優先させ、価格だけで選ばないようにしましょう。

初めてひとり暮らしをする部屋ですから、色々と買いそろえたい気持ちにもなるでしょう。ですが、何年住むかを考えると、大学在学中+数年だけという方がほとんどです。その間に使う物を厳選し、買ったのに使わなかったということの無いよう工夫しましょう。そのお金を生活費に回せば、さらに満足度の高い大学生活のスタートになります。